Vegan&bio Marche’ vol.2

Vegan&bio Marche’ vol.2

今回のヴィーガン&ビオマルシェvol.2は、場所を変えて福岡市中央区大名のEden@大名、海へ…のエコキッチン洗剤を主力としたがんこ本舗さんのイベントスペースをお借りしての開催となりました。

出店者様には、1回目と同じくヴィーガンラーメンでお馴染みの良質計画さん、野菜のピクルスやジャムが大人氣の糸島からの八彩屋本舗さん、もちろんがんこ本舗さんもエコ洗剤を展示販売されました!

そして、今回は金継ぎ体験ワークショップを開催致しました!!日本の伝統文化である金継ぎ、聞いたことはあるけどそんなにたいした食器を使ってないし、新しいのを買った方が良いのでは?と思われる方もいると思いますが、単に修復することだけが目的ではないのです。修復したものが新しく芸術品として蘇ることができるのです。私も今回初めて体験させて頂きそのことをしっかりと体験しました。ヒビの入ったお茶碗を持参しましたが、金継ぎを施すことで全く違うお茶碗になりました。なんとも、素敵なフォルムというか光沢というか、ずっと眺めていたくなるような美しい造形になりました。

そして、今回は念願だったTOFU MEATのお弁当販売をさせて頂きました。お弁当に使った野菜はマルシェ前日に、香椎浜にある循環生活研究所さんの畑へ収穫にお伺いさせて頂きました。こちらは、コンポスト堆肥を使ってオーガニック野菜を育てている畑です。

担当してくれたhikaritaさんがトマトやピーマン、ナスなどを収穫してくれていました。そして、畑を案内されアップルミントやスペアミント、レモングラスやオレガノなどハーブもたくさん収穫しました。おかわかめというものを紹介され自分では買うことのない野菜を紹介して頂き、酢の物などにすると美味しいよと調理方法までアドバイスを頂きました。

当日はTOFU MEATのキーマカレー風と合わせて、空芯菜としめじの炒め物にベーコンもどきをトッピング、塩もみナスとトマトのアマニオイル和えにミントを添えて、きゅうりとおかわかめのレモン和え、大葉を敷いてアボカドに豆乳マヨを添えてお出ししました。

今回も、たくさんの方が来られて大盛況となりました。TOFU MEAT弁当はたくさん作り過ぎたようで、残りましたので次回はよりたくさんの方のお越しをお待ちしています。よろしくお願い致します。

今回のテーマはヴィーガンは動物のことを言わないのか?と疑問に思った方もたくさんいるかと思いますが、私はモノを大切にする心も地球環境を大切に思う心も動物を愛する心も同じだと思います。ヴィーガンだからとかではなく、直感で自分が良いとか、心地良いことを選択していれば自然にヴィーガンライフスタイルになっていくと思います。だって、動物殺して食べるなんて不自然でしょ?今さらそういうことを伝えるよりも、楽しい空間を一緒に過ごそうよっていうコンセプトで開催しています。動物のために食事を我慢するのがヴィーガンじゃないということを分かってほしい。動物の犠牲を減らしたり、地球環境や健康でいることを考えたりするのって、ヴィーガンだからじゃなくて地球に住んでいる人間だったら当たり前のことだと思いませんか?お金が最優先じゃない、愛が最優先の世界を作りたいと思うと自然とヴィーガンライフスタイルになっていくのだと思います。そして、モノを大切にしたり地球を汚さない洗剤を使ったり、選択することをお金でなく愛を最優先にしてみてはどうでしょうか?みんなが自分のではなくみんなの幸せを願えば、みんな幸せになれる。「みんながみんなの幸せを願えばみんな幸せになる。」

Sense of wonder

会場に設置しました、sakuranekoさん(保護猫活動団体)と南阿蘇ファームサンクチュアリオープンセサミさん(動物保護施設)への募金金額はそれぞれ¥1100ずつでした。募金頂いた方々ありがとうございました。

次回3回目は9月27日日曜日の予定です。ぜひ、たくさんの方のお越しをお待ちしています。

次回までに、ケルト笛を1曲マスターできるよう練習してみようと思います。お楽しみに!!

Kei

投稿者プロフィール

九州ヴィーガンフェス実行委員代表
ベジタリアンアドバイザー
2010〜ベジタリアン、2015〜ヴィーガン
2011〜猫と暮らす

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント

    ページ上部へ戻る