ヴィーガニズム プラントベース

ヴィーガンとは、衣食住全てにおいて動物性のものをさける。

ヴィーガンについて

ヴィーガンというと野菜だけしか食べない完全菜食主義や、海外では一部の過激な集団による肉屋襲撃などの悪いイメージもあるかと思いますが、Veganの語源はラテン語 の”vegetus”(ベジタス、「活気のある、健全な」)に由来します。もともとは野菜を食べることが目的なのではなく、「健全な」や「活き活きとした」という生活をすることが目的なのです。私は地球環境を改善するためにヴィーガニズムであることが必要だと考えています。

必要以上に作られる食料と無駄に搾取される命が世界の均衡を崩していると思います。命が毎日大量廃棄されています。その命を効率良く生産したいだけのために、大量の薬品を投与してもはや人間のエネルギー源ではなく、薬品まみれの食料に見せかけた、ジャンクの塊のように思います。それを食べている人間も、興奮した状態で興奮状態が切れると途端に体が重たくなり、また栄養剤という名ばかりのジャンクを取り入れる。の悪循環を繰り返しているだけではないでしょうか?また、この悪循環を繰り返すことで、地球上に農薬がばら撒かれたり、不必要に森林伐採が行われ、そこに生息していた生命が根絶しています。この50年のうちに野生動物の約半数が地球上から消えているそうです。畜産はまた、大量の水が必要となり家畜から出る二酸化炭素も自動車や工場から出る二酸化炭素排出量の何倍も多いと言われています。

ヴィーガン、完全菜食主義を選択することは地球のあらゆる問題を解決するために不可欠なものだと思います。

ヴィーガンにもいろいろあります!

VEGAN
と一言でくくるには、たくさんの要素がありすぎて同じ人とは判断しない方がいいでしょう。
やはり、
VEGANISM
主義であり、方針と捉えて頂きたい。
I am vegan!
私はヴィーガンです。
=完全菜食主義です。


I am vegan.
I am Junk Vegan.
私はヴィーガンです。
私は、添加物OKです。


I am vegan.
I am vegan. I do not eat additives.
私は、ヴィーガンです。
添加物は食べません。


I am vegan.
It is for animals. I do not care about health.
私はヴィーガンです。
動物のためなので、自分の健康よりも動物が優先です。


I am vegan.
I am Dietary Vegan.
私はヴィーガンです。
健康と美容のためです。


I am vegan.
I am Oriental Vegan.
私はヴィーガンです。
私はオリエンタルヴィーガンです。

五葷抜き(ねぎ、ニラ、にんにく、らっきょう、あさつき) を食べません。


I am vegan.
I am Ethical vegan.
私はヴィーガンです。
地球環境にも体にも良いので、ライフスタイルにしています。


同じヴィーガンでも、ヴィーガニズムに対する思いは違っています。

VEGANISM
PLANTBASED

なので、これからヴィーガンを始めようとされる方も、また違っていていいのだと思いますし、変化していくものだと思います。


私も始めは、添加物OKでした!段階を経て添加物も避けるようになりました。五葷抜きにすると、野菜やハーブの効果が体に反応しやすくなった氣がします。薬も飲まなくていいようになりました。

また、畜産動物の虐待映像やペットショップの種親の酷い扱いを見て、動物愛護精神も芽生えました。私はチーズが大好きでしたが、モッツァレッラチーズの生産工程において、水牛の赤ちゃんが口と手足を縛られ衰弱死をさせられている映像を見てからはチーズが憎しみに見えてくるようになりました。ヴィーガンで検索するとそういった畜産における残虐な映像がたくさん出てくると思います。精神的にショックになるので、心が強い時に見てみてください。PTSDになる可能性もありますので、一度にたくさんは見ない方がいいと思います。

精神的にも物質的にも、どこをどう切り取ってもヴィーガニズムしかない!と思います。


地球の上でみんなが循環していて無駄(ゴミ)のない世界で生活したい!何でも土に還り、必要なものだけを生産するような世界の仕組みが必要だと思います。

ヴィーガンになることで、地球環境にも良いことは当然ですがこれを循環させて永遠に繋いでいくことが大切です。そのためには、ヴィーガンの本来の意味である「活き活きとした」ということを考える必要があります。

SDGs(エスディージーズ)

SDGsとはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略で国連本部で日本を含む193の加盟国の合意の下採択された「世界を変革するための17の目標」です。残念ながらこの中にヴィーガンになるということは含まれていませんが、私はヴィーガンになればこのSDGsの目標の11項目をクリアできると考えています。

2、飢餓をゼロに

肉食文化は、家畜に与える飼料を作るためのトウモロコシなどの広大な畑が必要となります。広い土地で作られた大量の植物は家畜の飼料となり、家畜を育てるためには大量の水や電力が必要なので、直接私たちが食べる分だけの植物を栽培する方がよりたくさんの食料を確保することができます。なので、肉食から菜食に移行することは飢餓をなくすことに貢献できると思います。

3、すべての人に健康と福祉を

家畜を育てて出荷するまでの期間を短縮してよりたくさんの利益を得るために、通常は1年かかる成長が4ヶ月で成長するようにホルモン剤が投与されています。また、病氣や感染症を防ぐために抗生物質なども投与されています。薬漬けの肉なのです。肉食は栄養があるから、背が高い人間が増えたり生理が早くくるのではなく、脳の成長よりも体の成長の方が早くなり頭が小さく体が細い人間が増えたのだと思います。また、養殖の魚も同じです。天然と言われる野生の魚も安全とは言えません。マイクロプラスチック問題が起きていて、魚の体の中に小さなプラスチックが含まれているそうです。人間が海にプラスチックゴミを捨てているのが原因です。野菜も農薬まみれではダメです。F1種と言われる1世代で終わる品種改良された種からできた野菜、遺伝子組み替えなども避け、自然農やオーガニックのものを選んで、環境にも体にも優しい野菜を摂り入れることが大切です。健康になれば医療費も削減となり、その分を福祉に費やすことができると思います。

6、安全な水とトイレを世界中に

畜産に使われている水の量は、牛丼1杯で約2000リットル必要だそうです。穀物1トンを生産するために必要な水の量も約2000リットルだそうです。穀物の生産の方が水の使用量を抑えることができますね。みんながヴィーガンになれば水も節約できるのです。

7、エネルギーをみんなにそしてクリーンに

ヴィーガンになれば、家畜に使われていた広大な土地を取り戻すことができます。その土地を利用して風力や太陽光、地熱などのクリーンエネルギーの基地局を作ればいいし、家畜から出るCO2削減にもなるので地球環境もクリーンになります。

9、産業と技術革新の基盤を作ろう

畜産や漁業がなくなれば新しい産業が必要なとなります。芸術やスポーツに関する産業が増えればいいなと思っています。動物を産業に巻き込むことをやめて私たちのアイデアや創造力が産業になれば、技術革新にもつながると思います。

11、住み続けられる街づくりを

菜食になるということは、野菜なので生ゴミに環境汚染物質が含まれていないので土に還すことが可能です。ということは、ゴミがなくなります。みんなで共有できる土地を配置して畑を管理して生ゴミを土に還して畑を耕し、野菜を収穫するという循環のコミュニティを作ることができます。今の街づくりは車の排気ガスや水道の水の汚染、人間が住むには厳しい環境です。動物も街ではほとんどいませんし、公園にも最近はみの虫を見かけなくなりました。森の中にある住宅のように井戸水を活用したり、車の量を制限して自転車や電車やバスなどの公共交通機関を利用するようにすれば空気もきれいになると思います。

12、つくる責任、つかう責任

土に還るものだけを作ればいいのです。土に還らないプラスチックや処理すら困難な放射性物質を作り出すからいけないのです。作る時に循環できるものかを規制しないので、循環できないゴミと言われるものが溢れているのだと思います。ただ、もうすでにたくさんの循環できないもので溢れてしまっている世界にいるので、作る規制については今からの取り組みになると思います。すでにあるものについては、ゴミにならないように再利用するアイデアが必要だと思います。アップサイクルという取り組みが行われています。廃棄されるはずのものを別の用途で再利用したり、デザインを加えて楽しむようにしたりするアイデアが必要です。また、買い物をするときにこれは循環できるものなのか、または廃棄システムが整備されているのかを考えて買うことが大切だと思います。買えば作られる。売れるから作る。これが今の悪循環システムです。なので、買い物をすることは政治の投票だとおっしゃった方がいました。私もその通りだと思います。1人1人の買い物が世界を変えるのだと思います。売れなければ作られないのですから、循環できないものを使わないように生活を選択していきたいと思います。また、肉や魚を食べないことは地球環境をガラリとと還る第1歩です。たくさんの命が無駄に大量廃棄されている悪循環システムを止めることができます。本来、日本人は菜食主義で年に数回のお祝いごとの時だけ、魚を食べていたそうです。

13、気候変動に具体的な対策を

14、海の豊かさを守ろう

15、陸の豊かさも守ろう

16、平和と公正をすべての人に

これらももう前述しているので、ご理解頂けていると思います。

まずは、1人でもできること、すぐ始められることが見つかるサイトにしたいと思います。

一緒にヴィーガンを始めましょう!

まずは週一から応援致します!!

ミートフリーマンデーという月曜日は菜食にしよう!という、ポールマッカートニー氏が定評している活動があります!http://www.meatfreemondayjapan.com

よろしくお願い致します。

サイト管理者 村畑啓子

九州ヴィーガンフェス実行委員代表

ベジタリアンアドバイザー

ナチュラルフードコーディネーター

2010〜ベジタリアン、2015〜ヴィーガン

お仕事ご依頼は、veganfriendlyproject@gmail.com まで!

Kei

投稿者プロフィール

九州ヴィーガンフェス実行委員代表
ベジタリアンアドバイザー
2010〜ベジタリアン、2015〜ヴィーガン
2011〜猫と暮らす

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント

    ページ上部へ戻る