美しき緑の星

美しき緑の星

美しき緑の星

1996年公開 フランス

監督・主演はコリーヌ・セロー

当時、公開中止や発売禁止になった話題の映画です。全体的にはファンタジーやコメディーのような、笑えるシーンもたくさんあって家族で楽しめる映画だと思います。貨幣社会のない平和な惑星の住人が地球にやってくるお話なのですが、これがいろいろと考えさせられることがたくさんあります。惑星の人間から見たら、地球の人間は動物の肉を食べる野蛮な種族に見えるようです。また、劇中に「切断」というキーワードが出てきますが、これがある意味現代社会にとっては物を売るための貨幣社会に必要な洗脳を解いてしまう可能性があるので、公開中止や発売禁止になったのではないかと思います。私たちの社会ではお金がないと生活ができないシステムになっていますが、そう思いこまされているのではないか?という観点から見て頂けると、何か発見できる素晴らしい映画だと思います。

美しき緑の星

Kei

投稿者プロフィール

九州ヴィーガンフェス実行委員代表
ベジタリアンアドバイザー
2010〜ベジタリアン、2015〜ヴィーガン
2011〜猫と暮らす

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント

    ページ上部へ戻る